【2019年】iPhoneにAppleCare+(アップルケアプラス)は必要?入るべき?

投稿日:2019-07-29 更新日:

毎年新機種が販売されるiPhone(アイフォン)ですが、購入の際にAppleCare+(アップルケアプラス)に入るかどうかを悩む方が多いと思います。

そこで、AppleCare+(アップルケアプラス)は本当に必要なのか?また、どんなパターンだと得をして、どんなパターンだと損なのか?

そもそもAppleCare+(アップルケアプラス)を購入したほうが良いのはどんな人か?などをいろいろなパターンで試算して考えてみます。

関連:iPadにAppleCare+(アップルケアプラス)は必要?

関連:Apple WatchにApplCare+は必要?

iPhoneでアップルケアプラスに入るべきか?

まずは、AppleCare+(アップルケアプラス)とはどんなサービスなのか?入るにはいくら掛かるのか?入るとどんな特典があるのか?をしっかりと理解して、ケースごとの試算に移りたいと思います。

アップルの端末保証サービスAppleCare+(アップルケアプラス)

AppleCare+(アップルケアプラス)とはiPhoneの購入から、30日以内に購入することによって受けられる延長・追加保証のサービスです。

通常の製品保証は下記の様になっています。

通常の製品保証

・購入後1年間のハードウェア製品限定保証
・90日間の無料サポート

こちらの、通常の製品保証に加えて、AppleCare+に加入する事によって下記の追加保証を受けることが可能です。

AppleCare+

・端末の保証期間が1年延長される
・修理の際にサービス料金での修理が可能(最大2回)
・専任スペシャリストへの優先アクセス
・配送・持ち込み修理
・エクスプレス交換サービス
・ソフトウェアのサポート

こちらのサービスが追加で受けられる保証サービスとなっています。

AppleCare+(アップルケアプラス)の料金は機種によって異なります。現在の金額は下記のようになっています。

機種名価格
iPhone XS MAX
iPhone XS
iPhone X
22,800円
iPhone XR
iPhone 8 Plus
iPhone 7 Plus
16,800円
iPhone 8
iPhone 7
14,800円
iPhone SE12,800円

※2019年7月現在の価格(税抜)です。

続いて、追加保証の中からサービスを簡単に説明します。

端末の保証期間が1年延長される

通常の端末保証期間は1年間ですが、AppleCare+に入ると1年間の延長保証が受けられるので保証期間が合計2年間となります。

元々の製品保証がついていることを忘れている方も多いですが、Appleケア+は単純に1年間の延長保証という意味合いで覚えておけばOKです。

修理の際にサービス料金での修理が可能(最大2回)

修理代金が保証有効期限の2年間で最大2回割引されサービス料金での修理が可能です。修理代金は下記の通りで、iPhoneはどの端末も共通です。

修理内容金額
画面の損傷3,400円
その他の過失や事故による損傷11,800円
バッテリー交換※0円

※2019年7月現在の価格(税抜)です。
※バッテリー交換に関しては、保証期間内にバッテリー性能が80%未満になった場合等の条件があります。

覚えておきたいポイントとしては、お金を払ってアップルケアの保証に入っても、実際に修理をするときは修理代金が別途かかるということです。

その他のサポートサービス

その他は、より良いサポートを受けられるというサービスになっています。

通常は有料のオプションサービスであるエクスプレス交換サービスや、持ち込み、配送修理等が受けられます。基本的に今回の試算には反映しにくい部分ですので一旦試算からは除外して考えています。

【ケーススタディ】AppleCare+(アップルケアプラス)は本当に必要?

ここからは、iPhone自体の修理代金などを確認しながら、実際にどんなケースだとAppleケア+に入ったほうが得で、どんなケースだと損なのかを試算していきたいと思います。

iPhoneの修理に関しては大きく次の3つの修理が存在しています。

  1. 画面の修理サービス
  2. その他の修理サービス
  3. バッテリーサービス

こちら3パターンについて、個別で見ていきます。

液晶画面の破損を修理するケース

まずはスマホの故障の7割ほどを占める液晶の破損、つまり液晶画面が割れてしまいそれを修理するパターンで考えて見ましょう。機種によって、画面の修理の代金は異なります。

機種名Appleケア+加入時通常価格
iPhone XS MAX3,400円37,400円
iPhone XS3,400円31,800円
iPhone XR3,400円22,400円
iPhone X3,400円31,800円
iPhone 8 Plus
iPhone 7 Plus
3,400円19,400円
iPhone 8
iPhone 7
3,400円16,800円
iPhone SE3,400円14,800円

※2019年7月現在の価格(税抜)です。

試算にあたっては最新の機種のみやりますが考え方は同じですので自身の機種に合わせて試算してみてください。

試算方法

「Appleケア+の代金」+「修理のサービス料金」と「通常の修理料金」を比較

こちらで見ていきましょう。お得な方をピンクにしています。

機種通常「Appleケア+料金」+「サービス料」
iPhone XS MAX37,400円22,800円 + 3,400円 = 26,200円
iPhone XS31,800円22,800円 + 3,400円 = 26,200円
iPhone XR22,400円16,800円 + 3,400円 = 21,200円
iPhone X31,800円22,800円 + 3,400円 = 26,200円
iPhone 8 Plus19,400円16,800円 + 3,400円 = 21,200円
iPhone 816,800円14,800円 + 3,400円 = 18,200円
iPhone 7 Plus19,400円16,800円 + 3,400円 = 21,200円
iPhone 716,800円14,800円 + 3,400円 = 18,200円

上記からわかることは、iPhone XS/XS MAXとiPhone Xに関しては、1度でも画面の交換を行う場合は、AppleCare+(アップルケアプラス)に入った方が得になります。

iPhone XRだと少しだけ得、iPhone7/8と7/8Plusだとちょっとだけ損という感じです。

もちろん2回画面の損傷での修理するならAppleケア+に入ったほうがお得です。

その他の修理をするケース

つづいて、あまり起きることはないと思いますが、画面の液晶以外での損傷の場合です。つまりは本体交換しなければならないぐらいの損傷ですね。

機種名Appleケア+加入時通常価格
iPhone XS MAX11,800円67,800円
iPhone XS11,800円62,400円
iPhone XR11,800円45,400円
iPhone X11,800円62,400円
iPhone 8 Plus11,800円45,400円
iPhone 811,800円39,800円
iPhone 7 Plus11,800円39,800円
iPhone 711,800円36,400円
iPhone SE11,800円30,400円

※2019年7月現在の価格(税抜)です。

画面の修理と比べると、本体自体の交換となるような修理となるため、価格は高くなっています。

こちらも上記と同じ試算方法で確認していきます。

機種通常「Appleケア+料金」+「サービス料」
iPhone XS MAX67,800円22,800円 + 11,800円 = 34,600円
iPhone XS62,400円22,800円 + 11,800円 = 34,600円
iPhone XR45,400円16,800円 + 11,800円 = 28,600円
iPhone X62,400円22,800円 +11,800円 = 34,600円
iPhone 8 Plus45,400円16,800円 + 11,800円 = 28,600円
iPhone 839,800円14,800円 + 11,800円 = 26,600円
iPhone 7 Plus39,800円16,800円 + 11,800円= 28,600円
iPhone 730,400円14,800円 +11,800円 = 26,600円

その他の修理の場合は、全体的に金額が高いため、その他の損傷が絡む場合は明らかに、AppleCare+(アップルケアプラス)に加入しておいたほうが良いです。

バッテリーの交換のケース

最後はバッテリーの交換に関してです。Appleケア+でのバッテリー交換の対象に関しては、バッテリーの容量が本来の80%未満になった場合のみです。2年以内に80%未満に落ちるケースははとんどないはずです。

機種名Appleケア+加入時通常価格
iPhone XS MAX・iPhone XS・iPhone XR・Phone X0円7,800円
その他のモデル0円5,400円

※2019年7月現在の価格(税抜)です。

そもそものバッテリー交換の金額が安いことに加えて、Appleケア+での保証範囲が限定的なためAppleケア+はほぼ必要ないと判断できるかと思います。また2年以内に充電池のパフォーマンスが80%以下に落ちること自体があまりないようです。そのためこちらは試算の対象外としても問題ないでしょう。

まとめ

さて、いろいろと試算をしてきましたので最後にまとめていきます。AppleCare+(アップルケアプラス)に入るべきなのはこんな人です。

AppleCare+(アップルケアプラス)に入る必要があるのはこんな人

  • iPhone XS MAX・iPhone XS・iPhone XR・Phone Xで画面の修理サービスを1回以上利用する人
  • 全てのiPhoneでその他の修理サービスを1回以上利用する人
  • Appleの手厚いサポートサービスを受けたい人

以上です。

最近のiPhoneは有機ELの採用などもあり、液晶の損傷も含め修理代金も高くなる傾向があります。2年間でiPhoneを1度でも修理する可能性がある人はAppleケア+に入っても良いでしょう。

絶対に壊さない!という人は、Appleケア+は安い買い物ではありませんので、かかるお金を他のことに使ったほうが有意義に過ごせるのではないでしょうか?

実際に私は、iPhone3Gから利用していますが、今まで1度も壊したことがない(液晶の画面割れもないです)のでAppleCare+(アップルケアプラス)には加入したことがないです。

保証に対する考え方は人それぞれかと思いますので、こちらのエントリーを読んでいただいて最終的な判断は自分でして貰えればよいかと思います。

あくまで参考・個人の意見として貰えれば幸いです。

てな感じで。

【2019年】iPadにAppleCare+(アップルケアプラス)は必要?入るべき?

続きを見る

【2019年】Apple WatchにApplCare+は必要?入るべき?

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsuya Yabe

常に何かを考えていないとバカになると思う、だから常に何かを考えてる。 日々の生活に常に思考を。ということで書いています。

-iPhone
-,

Copyright© ガジェニュー , 2019 All Rights Reserved.