Apple WatchにApplCare+は必要?入るべき?【2019年】

2015-04-13

applewatch
Apple Watch(アップルウォッチ)の購入を考えている方で「Appleケア+」を購入するか、しないかで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

とういうことで今回はiPhone・iPad偏に続いてApple Watch(アップルウォッチ)では「Appleケア+」は必要なの?お得なの?ということを実際のケースを考えて見て行きたいと思います。

※2019年9月11日更新

関連:iPhoneにAppleCare+(アップルケアプラス)は必要?

関連:iPadにAppleCare+(アップルケアプラス)は必要?

 

Apple Watch(アップルウォッチ)の保証(Appleケア)は必要?入るべき?

まずは、基本的な条件から確認していきます。

Apple Watch(アップルウォッチ)通常の購入時に付いている保証については下記のとおりになります。

Apple Watch・Apple Watch Nike+

製品購入後1年間の製品と90日間の無料電話サポート

Apple Watch Hermes

製品購入後2年間の製品限定保証と無料電話サポート

これが、Appleケア+に加入することによって下記のように変更になります。

Apple Watch・Apple Watch Nike+

製品購入後2年間の製品と無料電話サポート

Apple Watch Hermes

製品購入後3年間の製品限定保証と無料電話サポート

上記のようにサポートの期間が1年間延長される点は他の製品と共通になっていますね。その他下記のような特典もAppleケアにはついてきます。

  • 特別料金での修理サービス
  • Appleの専任スペシャリストへのダイレクトアクセス
  • グローバルでの修理サービス
  • エクスプレス交換サービス
  • 持ち込み修理
  • ピックアップ&デリバリー修理

個人的な感覚としてはこれらのサポートにお世話になる機会は少ないのでは?と思っています。なので、注目すべきは破損時の修理代金になるでしょう。ちなみにエクスプレス交換サービスについてはアップルケア未加入時は通常3,400円かかるサービスですので利用する方にはお得かもしれません。

続いてApple Watch(アップルウォッチ)のAppleケアの値段を確認しましょう。値段に関しては、最近値上げとなっていて下記のようになっています。

Apple Watch Series3まで4,800円
Apple Watch Series4.57,800円

※価格については税抜です。

基本的にこちらの保証の金額と実際に修理をした際の金額を比べて検討する感じです。

ちなみにAppleケア+での特別料金での修理に関しては下記の用になっています。

モデル修理バッテリー交換
Apple Watch・Nike+8,400円0円※
Apple Watch Hermes・Edition9,800円0円※

※バッテリーは保証期間内に80%未満にバッテリーの性能が劣化した場合にApple Care+に入っている人だけが交換可能です。

Apple Watch(アップルウォッチ)の修理代金は?

次に通常のApple Watch(アップルウォッチ)修理代金について確認です。

修理代金についてもモデルにより差があります。また、iPhoneの修理メニューには液晶画面の破損の項目がありますがApple Watch(アップルウォッチ)にはありませんので、バッテリーの交換か、保証外での全損扱いでの交換しかありません。

バッテリー交換その他
Apple Watch Series 5 (GPS) (アルミニウム)、
Apple Watch Nike Series 5 (GPS)
8,800円31,800円
Apple Watch Series 5 (GPS + Cellular) (アルミニウム)、
Apple Watch Nike Series 5 (GPS + Cellular)
8,800円36,800円
Apple Watch Series 5 (GPS + Cellular) (ステンレススチール)、
Apple Watch Series 5 Hermès
8,800円41,800円
Apple Watch Edition (チタン)8,800円52,800円
Apple Watch Edition (セラミック)8,800円84,800円
Apple Watch Series 4 (GPS) (アルミニウム)、
Apple Watch Series 4 Nike+ (GPS)
8,800円31,800円
Apple Watch Series 4 (GPS + Cellular) (アルミニウム)、
Apple Watch Series 4 Nike+ (GPS + Cellular)
8,800円36,800円
Apple Watch Series 4 (GPS + Cellular) (ステンレススチール)、
Apple Watch Series 4 Hermès
8,800円41,800円

※価格については税抜です。

Series3以前のものはAppleの公式ページから確認してください。

Apple Watch(アップルウォッチ)の修理価格のシミュレーション

ここからは、ケースに応じてかかる費用を書いていきたいと思います。3種類もあるので結構長いので面倒だなと思った人はケースのすぐ後のまとめを見てください。

2年間(Hermesは3年間)で1回全損での交換をした場合

保証期間内に1度でもバッテリー交換以外の修理をする場合はAppleケア+に入っていたほうがお得です。

Apple Watch・Nike+の場合

▼Appleケア加入時

Appleケア(7,800円)+修理代金1回目(8,400円) 計16,200円

▼Appleケア未加入

全損修理1回目(33,400円) 計33,400円 ※一番安いケース

Apple Watch Hermesの場合

▼Appleケア加入時

Appleケア(7,800円)+修理代金1回目(9,800円) 計17,600円

▼Appleケア未加入

全損修理1回目(44,400円) 計44,400円

2年間(Editionは3年間)で1回バッテリー交換の修理をした場合

バッテリー交換に関しては各モデルとも8,800円で修理ができます。

Appleケア+に加入した場合は条件を満たせば無料でバッテリー交換が可能です。ただし、バッテリー交換自体の費用が安くなっておりAppleケア+と1,000円の差しかありません。

バッテリーが80%未満まで保証期間内で劣化する確率がどの程度なのかは不明なためメリットが少ないため、個人的には不要と判断するのが妥当かと思います。

Apple Watch・Nike+の場合

▼Appleケア加入時

Appleケア(7,800円)+修理代金0円 計7,800円

▼Appleケア未加入

バッテリー修理1回目(8,800円) 計8,800円

Apple Watch Hermesの場合

▼Appleケア加入時

Appleケア(7,800円)+修理代金0円 計7,800円

▼Appleケア未加入

バッテリー修理1回目(8,800円) 計8,800円

Appleケア+に入ったほうがお得なのはこんな場合!

さて、上記の試算からApple Watch(アップルウォッチ)を購入の方でAppleケア+に入ったほうがよい条件は下記と判断します。

Appleケア+に加入したほうがお得な場合

  • 保証期間内に1回以上その他の場合での修理を行う場合

スマホとは利用目的が明確に違うのでどの程度故障して、修理が必要になるかは不明瞭な部分はありますが、Appleケア+でお得なのは故障して修理にだす可能性がある場合だけでした。

iPhoneで一番多く起こる故障であった、液晶画面のガラス交換のみのメニューがiPhone5以降できたため、全体的にAppleケア+の役割は薄くなった気がしますが、Apple Watch(アップルウォッチ)の場合は1度でも壊して修理する場合にはAppleケア+に加入していたほうがお得なので加入を検討してもいいのかなと思います。

あとは、修理代金以外へのサービスをどの程度活用するか等総合的に判断して決めるのがいいと思います。(このあたりは個人の考え方次第だと思いますので最終判断はご自身でお願いします。)

Appleケア+については、iPhone・iPadで同じようなまとめをしていたので、Apple Watch(アップルウォッチ)でもまとめましたが、誰かの役に立つと幸いです。

基本的に、しっかりとケースを想定して追加の保証が「いる・いらない」を選択することによって無駄なコストを支払わずに他のことにコストを掛けられますのでぜひ皆さんも検討してみてください。

てな感じで。


iPadにAppleCare+(アップルケアプラス)は必要?入るべき?【2019年】

続きを見る

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsuya Yabe

常に何かを考えていないとバカになると思う、だから常に何かを考えてる。 日々の生活に常に思考を。ということで書いています。

-レビュー
-, ,

Copyright© ガジェニュー , 2019 All Rights Reserved.