るろうに剣心 伝説の最期編を見てきました。

2014-09-23

wall_1280_1024今日はるろうに剣心 京都大火編 を見てきました。で感想を書いた、実写映画版るろうに剣心3部作の3作目「るろうに剣心 伝説の最期編」を見てきました。ということでまたチョット思ったことをまとめていきたいと思います。

るろうに剣心 伝説の最期編の全体観

今回の物語は前回の映画とシームレスで繋がっていきます。ということで、前作は見ておかないと意味不明( ´゚д゚`)になることまちがいなし!ということでしっかり確認しておきましょう。ざっくり書いていくと、、前回ラストに現れた謎の男(福山雅治)が実は剣心の育て親のお師匠様。奥義を伝授された剣心は志々雄真討伐のために東京に戻っていき、最終決戦をくりひろげます。って感じ。

途中に色々あったりするんですが、そのへんは自分で見てくださいと。

良かった点

爽快なアクション

スタイリッシュ時代劇とでもいうのか、なかなか迫力のあるアクションシーンです。ワイヤーぐらいしかアクションを取るときに使用していないというのですがなかなか洗練されていると思います。

バトルシーンが結構多め

前回の京都大火編と比べアクションシーンが多めだった気がするのでアクション好きとしては満足です。

悪かった点

斎藤一のキャストだけどうも違和感

江口洋介さんなんですが、、個人的にはもっとひょろっとして、シュッとした感じの顔の人がやったほうが似合ったのかなぁと。斎藤一は、原作ではシュッとしたつり目の若干キツネっぽい感じ(狡猾な感じ)があったらなぁと。

原作を知らないほうが楽しめるかもね。

どうしても、原作を見てると必殺技が少ない物足りなさが。。二重の極み・龍槌閃・九頭龍閃・回天剣舞・六連・・・・やって欲しかったなぁ。実写映画でやっちゃうとどうしても安っぽさが出る。(実写映画でコケる部分は原作を置いすぎてムリがある・違和感満載なせいだと個人的には思ってる。)なんでしょうがない部分が多いと思うので、逆に知らないほうがより楽しめるんじゃないとか思ったり。

伝説の最期編まとめ

全体的に最近の国産の映画としてはベストといってもいいぐらい面白かった。興行収入もかなりいい感じみたいですしね。個人的に日本の映画は、リアリティがありすぎて中に入り込めいない(外人が主演だと、現実から離れた完全な非現実としてすんなり入ってるので海外映画のほうが好き)。日本映画に関してはアニメ(ジブリ)ぐらいしかちゃんと見てなかったんですが、もう少し積極的に見てみるのも面白いかなぁと思いました。

あぁ、るろ剣読みたいなぁ

てな感じで。

▼参照
映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』公式サイト

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsuya Yabe

常に何かを考えていないとバカになると思う、だから常に何かを考えてる。 日々の生活に常に思考を。ということで書いています。

-日記
-, ,

Copyright© ガジェニュー , 2019 All Rights Reserved.