MUSON(ムソン)のBlutooth(ブルートゥース)オーディオトランスミッターのレビュー

2017-01-15

※メーカー様よりサンプルの提供を受けてのレビューです。

最近は多くの電子機器がBlutooth(ブルートゥース)Wi-Fiに繋がるようになってきましたが、それでもまだ家の中には古い電化製品もありますよね。

Blutooth(ブルートゥース)とかで繋がるとすごい便利なんだけどな〜

たとえば、テレビとか高校生の時に買ってもらったオーディオセットとか、家にあるもが全て最新の電化製品ってわけではないですからね。

Blutooth(ブルートゥース)のオーディオトランスミッターはそういったときに活躍してくれます。

ということで今回紹介するのはこちら

ということで見ていきましょう。

MUSON(ムソン)のブルートゥースオーディオトランスミッターをレビュー

まずは簡単にこの商品の特徴を書いてみます。

  • これ1つでブルートゥースで音声を送信したり、受信したりできる
  • 2台同時に送受信が可能
  • とってもコンパクトで充電しながらも利用可能

簡単に機能を説明すると、こちらのオーディオトランスミッターでは1台で2つの使い方ができる商品になっています。

1.RXモード(受信モード)

スマホなどのBlutooth対応のデバイスの音声を、こちらのレシーバーが受信して3.5mmステレオAUXケーブルから出力できます。
Blutoothに非対応のスピーカーなどでスマホの中に入っている音楽を楽しんだりできます。2台同時接続可能ですが、出力は1代のみです。

2.TXモード(送信モード)

TVなどBlutoothに対応していない電子機器の音声をイヤホン部分からこちらのレシーバーが送信できます。
Blutoothイヤホン・ヘッドホンなどで音声が楽しめます。2台同時接続可能で、2台同時出力が可能です。

1台で送信・受信両方に対応しており、しかも2台同時出力可能となかなか高性能で使いやすいです。

MUSON(ムソン)のブルートゥースオーディオトランスミッターの写真

外箱からですが、写真とともに見ていくこととしましょう。

基本的に日本語化されているのでわかりやすいかと思います。

また、Blutooth3.0の記載があると思いますが、最新の規格で省電力化されたBlutooth4.0対応ではない点は注意です。

内容物は本体・3.5mmステレオAUXジャック(普通のイヤホンジャック用のものです)・充電用マイクロUSBケーブル・取扱説明書となっています。

内容は日本語になっているので、何ら難しくなく使うことができます。

ボタンが少なく機能が多いので少し複雑な気もしますが、日本語で書いてあるので安心です。

本体サイズは5.2cm×3.5cmなのでかなりコンパクトです。重さも14gとかなり軽いです。

側面には上で説明したモードの切り替えスイッチがついています。

「TXモード(Transmit Mode)= 送信モード」と「RXモード(Receiver Mode)= 受信モード」とおぼえておけばOKかなと。

本体上部には充電用のマイクロUSB端子・LED・3.5mmステレオジャックが並んでいます。

2時間の充電で6時間ほど使えるようです。

自宅ではこちらの組み合わせで、TVの音声をBlutoothイヤホンに飛ばして聞くようにしています。

これで隣で寝ているパートナーを起こさずにTVを楽しめますね。

※SoundPEATS様から商品の提供を受けてのレビューです。 音楽を聞く習慣がなかったのでちょっと前まではイヤホンなどはほとんど使う機会がなかったのですが、最近は移動中にhul
さいごに

一昔前はかなり高い金額を出さないと、こういった無線のイヤホンとかその周辺機器は手に入らなかった気がしますが随分お手軽になったものですね。

少し工夫すれば、TVの音声を手元のBlutoothスピーカーでお手元スピーカーとして使うなど色々な世代の人にも使えそうで面白いと思います。

ちょっと昔のコンポなどを持っている人もこちらを購入すれば、スマホやPCの中に入っている音楽をよい環境で楽しめたり有効活用ができいい感じです。

興味がある人は是非商品ページを見てみてくださいね。

てな感じで。

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsuya Yabe

常に何かを考えていないとバカになると思う、だから常に何かを考えてる。 日々の生活に常に思考を。ということで書いています。

-レビュー
-, , ,

Copyright© ガジェニュー , 2020 All Rights Reserved.