コバコートを、使っておサイフの補修をしました

投稿日:2016-10-11 更新日:

IMG_6217.JPG コバコートって知っていますか?

レザークラフトをするようになって革の端っこの部分を綺麗に処理して丈夫にする物ということであまりメジャーじゃないと思います。

今回は色々他に買うものがあったので、送料無料までの値段合わせに買ってみました。

今回は5〜6年前に買ったおサイフのコバの部分の加工が剥がれて来たのでこちらを使って補修してみましたのでメモがてら書いておきます。

見た目は完全にスティック糊のようですが何かをくっつけたりするのに使うものではありません。

コバコートでお財布のコバを修理しました。

IMG_0671.JPG多くの革製品こんな感じでコバ(淵の部分)に加工がしてあると思います。

ただ、よくおりまげる部分に長く使っていると関しては写真のように加工が剥がれてボロボロになってしまうことも多いと思います。

IMG_0678.JPGそうそうこんな感じです。

こうなってしまうと見栄えも悪いですし、皮が貼り合わせてあると剥がれてきたりと耐久性にも問題がでてきます。

そんな時に使うのがコバコートです。

IMG_0677.JPG蓋を開けてみると完全に糊です。

IMG_0676.JPG空気に触れると固まるので、中蓋に小さく穴を開けて使う感じです。

IMG_0675.JPG利用する度にスポンジ部分を洗う必要があるみたいだったので、紙に少し出して綿棒で塗る形にしました。

IMG_0674.JPG綿棒で保護したいコバ部分を塗っていきます。

少し厚めに乗せるような感じで塗るのがいいのかなといったところ。

IMG_0673.JPG塗り終わったのがこちらです。

綺麗になりましたね。

IMG_0672.JPG反対側もこんな感じです。

少し凹凸がありますが、重ねて2〜3回塗るなど工夫すれば大丈夫かと思います。

塗った後は半日ぐらいそのまま乾燥させましょう。

まとめ

コバコートを使えば簡単にコバ部分を新品同様に補修できるのがわかりました。

コバ部分が綺麗になるとだいぶ印象も違ってきますので皆さんも試してみては?

コバコートは何色かあるので使いたいカラーに合わせて購入するようにしましょう。

てな感じで

お財布を大事に使うためには日頃のケアも必要です。私は通常のケアは乾拭きと年に一度ぐらい「ラナパー」を使っています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsuya Yabe

常に何かを考えていないとバカになると思う、だから常に何かを考えてる。 日々の生活に常に思考を。ということで書いています。

-レザークラフト・革小物
-,

Copyright© ガジェニュー , 2019 All Rights Reserved.