Googleフォトで元サイズで保存した画像を高画質に変換する方法

投稿日:2016-01-03 更新日:

今回はGoogleフォトでバックアップする際に、【元のサイズ】でアップロードしたものを簡単に一括で【高画質】に変更する方法を書きます。

Googleフォトでは、【高画質】の設定でバックアップした画像については容量無制限で保存出来ますが、【元のサイズ】の場合は15GBまでとなっています。

今回はアプリのアップデートのタイミングでいつの間にか設定が変わってしまって元のサイズでアップロードされてしまったようで、どうすれば簡単に容量制限のない高画質に変換できるか調べたのでメモがてらエントリーにします。

Googleフォトで元サイズで保存した画像を高画質に変換する方法

いつもはアプリでGoogleフォトを利用してたのですがどうやらアプリからは変換の設定は出来ないようでした。

すこし調べているとWEB版のGoogleフォトから設定を見つけました。下記のURLにアクセスしGoogleアカウントでログインします。

・Googleフォトの設定
https://photos.google.com/settings

もし、【元のサイズ】でバックアップした写真がある場合は下記のように【容量の開放】というボタンが出てきます。googole-photp-resize

ボタンを押すと下記のような表記が出ますので確認して「容量の開放」を選択します。
googole-photp-resize1注意書きにもあるようにGoogleドライブからアップロードされた画像に関しては圧縮されないのでその点は注意が必要です。

処理の完了までは数時間かかるケースもあるそうです。

以上で Googleフォトで元サイズで保存した画像を高画質に変換する作業は完了です。

まとめ

アプリから容量の開放をすることができないのはちょっと面倒ですが、わかってしまえばかなり簡単ですね。これでなんかのタイミングで設定が変わってしまっても安心です。

高画質での保存に関しても一般的な印刷や、閲覧の際には十分な画質ですので特殊な用途の人以外は高画質で容量制限無しでバックアップするのがいいでしょう。

Googleフォトはかなり便利なので皆さんもしっかりと活用したいところです。

てな感じで

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsuya Yabe

常に何かを考えていないとバカになると思う、だから常に何かを考えてる。 日々の生活に常に思考を。ということで書いています。

-WEBサービス
-, , , ,

Copyright© ガジェニュー , 2019 All Rights Reserved.