【レビュー】ルートアール QC2.0対応 USB簡易電圧・電流チェッカー

投稿日:2015-11-30 更新日:

最近USBで充電するものがすごく増えていると思いませんか?

自分の周りではスマホ・タブレット・PocketWiFi・デジタルカメラ・PSVITA…といった感じでかなり量があります。

そんな中最近USB充電器とかもレビューしようとするときに、実際に「どんな感じで充電されているのかなぁ」と言うのを知るためにUSB簡易電圧・電流チェッカーを買ってみました。これで色々なものがしっかりと数値で確認できますね。

今回購入したのはこちらです。

買った時(2015年11月)はamazonで1,780円程でした。ちょっと高いですが、これが一番高性能のようでした。まぁ、必要経費だと思って買いましたよ。

ちなみに最新バージョンでQC2.0の高速充電対応の電圧・電流チェッカーになっています。(1つ前のバージョンとの違いはこの対応の有無のみ)

実際にどういうものかレビューしていきたいと思います。

ルートアール QC2.0対応 USB簡易電圧・電流チェッカーのレビュー

商品自体はルートアールが販売してamazonが配送してあるものを購入。配送はゆうメールでポスト投函でした。

パッケージ自体はただの袋。アキバでよく見るPCパーツとかと同じ梱包ですね。
usb-power-checker1中には説明書と本体が入っているだけです。

ちなみに、本体の画面部分には保護用のシートが貼ってあります。usb-power-checker3ちなみにamazonのレビューを見ると「画面の部分がこまいかい傷だらけ!中古品が届いた!★1つ!」みたいな評価が多かったのですが剥がせば綺麗なもんです。

あまりにも、こんなレビューが付いたのか、説明書にも赤字で使う前には剥がしてねという記載があります。
usb-power-checker4まぁ後はUSB充電器とケーブルの間に差し込めばこんな感じで電圧(V)と電流(A)が表示されます。液晶も見やすくて綺麗です。
usb-power-checker11本体横のボタンを押すと表示されるステータスが切り替わります。これは積算表示。usb-power-checker9続いて実際のW(ワット)表示です。

単純にV(電圧)×A(電流)の数値ですが自動的に計算されて表示されるのは便利ですね。usb-power-checker10最後は接続時間の表示です。上が秒数で、下が時・分の表示です。かなり高機能ですね。

まぁ、ぶっちゃけここまでの機能は使いこなせないのですが、ワット表示が出るのが気に入って買いました。レビュー書くときの写真がわかりやすくなるしね。

ちなみにこの電圧・電流計を利用すると色々なことがわかります。usb-power-checker9これはAppleの純正ケーブルを使ってiPad airに充電をしているところです。5V×2Aで10W程で充電できていることがわかります。

ちなみに、iPadiPhoneと比べてバッテリー容量が大きいので本体が許容する電流は高めです。usb-power-checker8続いてYahoo!で買った300円ぐらいのLightningケーブルです。こちらは5V×1.75Aで8.75W程での充電になります。

Appleの純正ケーブルはiPadの充電も考えているため2Aでの充電に対応している形で、安物のケーブルだと充電の効率が落ちるということがわかります。まぁ、10%程度の差ですけど。

やっぱり価格の差があるのには理由があるということですね。

まとめ

このように、電圧・電流チェッカーを使うと普段見えない充電の様子が数字で見れるので面白いです。

USB充電器は大体入力が5VなのでA(アンペア)だけの表示ができるものなら500円あれば入手可能です。

多くの方には必要ないものだとは思いますが、興味がある人は買ってみるのも面白いかなと思います。

てな感じで。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsuya Yabe

常に何かを考えていないとバカになると思う、だから常に何かを考えてる。 日々の生活に常に思考を。ということで書いています。

-レビュー
-, , ,

Copyright© ガジェニュー , 2019 All Rights Reserved.