コレド室町 アートアクアリウムに行って来た!金魚がたくさん!

投稿日:2014-07-12 更新日:

tb_nhb2014_01
今日は、現在コレド室町でやっている「ECO EDO 日本橋アートアクアリウム 2014 ?江戸・金魚の涼? &ナイトアクアリウム」に行ってきましたので書いてみたいと思います。今回はじめて見に行ったのですが夏らしく、幻想的で楽しめた部分が多かったです。(残念な部分も多かったですが、、)といこうことで写真もとったので載せてみたりします。ちなみに激混み!

アートアクアリウム 2014 ?江戸・金魚の涼?を見に行った

まずは、場所から

■場所 コレド室町1 
(三越前駅が一番近いですかね。3つあるコレド室町の建物の1でやっています。)

ちなみに、近くにコレド日本橋があるので注意!間違えて日本橋で降りてしまったのは内緒です( ´゚д゚`)公式のHPはこちらになります。会場自体はそんなに広くなかったです。

あ、ちなみに入場料は1,000円です。

ただし、、、
12 - 2

こんな感じで混んでいました。始まったばかりということもあったかと思いますがとにかく混んでいました。ゆったりのんびりという感じではあんまりないかぁという印象でした。

アートアクアリウム良かった点

金魚がたくさんみれる(5,000匹もいるらしい)
・水槽の臭いが小学校を思い出します。
・幻想的な雰囲気が味わえる。

と言った感じでしょうか。
DSC05005.JPG
こんな感じです。会場内の、光と音そして金魚の生み出す幻想的な風景はなかなか普段はお目にかかれない光景だと思います。こういうところに行くと感性が磨かれた気分になれますよね。

アートアクアリウム悪かった点

・導線がめちゃくちゃ
・そのうち、中で怪我人がでそう
・スタッフが中にほとんどいない

こんな感じです。
道中の展示が通路のど真ん中にありしゃがみこんで写真を撮る人や、見学をする人で通路が塞がれる感じになっていました。そして、一番最後の展示ですが見難いったらありやしない。ちなみにこれが見れるのですが、、
DSC05021.JPG
こちらは、屏風型の水槽+プロジェクターを使ったプロジェクションマッピング展示なっているのですが誘導のスタッフもいない、展示スペースの前にはなぜが椅子が並べられ行動を制限され、入り口出口も決まっていないと軽くパニックになっていましたw

満員電車に乗っているようなぎゅうぎゅうづめのプレッシャーを味わいながらの鑑賞はもちろんそんなに気分のいいものでは有りません。閲覧者が綺麗に入れ替えられるようにしっかりと導線を確保し、スタッフがいないと、ほんとにけが人が出てもおかしくないです。この部分は期間が長いのである程度調整してくるとは思いますが、、イベントのプロが運営しているとしたらかなりお粗末だと思います。

また、DSC04997.JPG
こちらの展示ですが、綺麗に水が全ての方面から落ちていない状態でした。こちらのオブジェはステージの上部に位置しているのですがなんとなくステージが少し傾いているのかもと感じました。人の重み?人が多い方の口からは水が上から下に流れ、逆側はながれていない。この状態だと、デザインした通りの作りになってないのでプロデューサーさんもがっかりなのかなと。あと、ステージの作りが大丈夫なのかなと心配になってしまいました。

この部分は個人的に少し残念でしたね。

まとめ

開催期間が2014/09/23までということもあり、もう少し落ち着いてから行くことをおすすめします。(そのほうが多分空いているし、導線も改善されていると思います。スペース的には広くはないのですが、結構見応えもあり入場料1,000円はまぁまぁ妥当かなと思いました。

一度も行ったことがない人は、金魚と照明・音楽が織りなす幻想的な雰囲気を味わいに1度ぐらい行ってみたらと思います。

ということであんまり写真をとってないですが、「Picasa & google plus express」というプラグインを使ってWordPressに埋め込んで見ましたよ\(^o^)/雰囲気だけでも味わいたい人はどうぞ~

てな感じで。

コレド室町 アートアクアリウム2014の写真

[pe2-gallery album="http://picasaweb.google.com/data/feed/base/user/106045868248105848203/albumid/6035099863564971473?alt=rss&hl=en_US&kind=photo" pe2_gal_align="center" ]

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsuya Yabe

常に何かを考えていないとバカになると思う、だから常に何かを考えてる。 日々の生活に常に思考を。ということで書いています。

-日記
-, ,

Copyright© ガジェニュー , 2019 All Rights Reserved.