楽天ROOMで本当に自分だけのお店を持てるのか?それは疑問だ。

投稿日:2014-07-08 更新日:

楽天から新しいサービスの「ROOM」というサービスを最近リリースしましたね。ということで今回はこの「ROOM」について取り上げていきたいと思います。
キャプチャ
ROOMのコンセプトとしては、、、

「my Favorites,my Shop」

自分のお気に入りたちを、自分のお店にできるという触れ込みのサービスになっているようです。
では実際に見て行きましょう。

楽天ROOMで自分だけのお店を

楽天公式のコンセプトムービーがありますのでこちら見るとある程度どのようなサービスかわかりやすいと思いますので見てみましょう。

こんな感じです。

実際に見ていきます。

楽天で発見・購入したお気に入り商品を集めて簡単にROOMを作ることが可能です

1
自分自身で、商品を検索してピックアップしたり、他の人がシェアした商品を自分のROOMに並べたりコメントしたり自分の気に入ったもの集まりを作っていくことが目的ですね。

自分のROOMを通して人とつながる

2
商品の良さをアピールして、他の人達と交流したりできるみたいです。コメントをしたり、イイねしたり。自分のROOMを充実させてフォロワーを増やして交流する。

ROOMからものが売れるとポイントが貰える

3
基本的には楽天アフィリエイトの仕組みをもとに作られているWEBサービスのようです。自分の紹介した商品が売れるとそれに応じたアフィリエイト報酬が手に入るようです。楽天ブログ+楽天アフィリエイトをより簡単にしたサービスのような印象を受けますね。

ちなみに、現在はWEBからのみ利用可能で、そのうちiPhone版とAndroid版のアプリもリリースされる予定らしいです。アプリがリリースされました!

▼楽天ROOMはダウンロードは下記のリンクからできます。

・iosアプリ
楽天ROOM

・Android
楽天ROOM

楽天ROOMについての考察

まず、感じたことを素直に書かせてもらいます。

サービス名が、「ROOM」なのに触れ込みが「自分だけのお店をもてる」なんだろう思いました。サービスの名前は実際にサービス自体のコンセプトや、あるべき姿を表すものであるべきではないか(私見です)。リリースのタイミングからこの部分がずれている気がします。この部分のブレと言うのは結構致命的なものになるのかと思います。

実際に、このサービス自体は「ROOM」自分のお気に入りで自分だけの部屋を作るのがメインのユースとなるのか、それとも自分だけのSHOPを作らせてそこでアフィリエイトで稼げる点を売りにユーザーを増やし楽天自体の流通促進のツールにするのかどっちなんだろ。その両方を狙っているのだろうと思いますが、ユーザーへのインセンティブの与え方が報酬よりになってしまうと商業スパム的なユーザーが増えて一般ユーザーが過ごしにくくなってしますのでここは以外と重要だと個人的には思っているのですが、、

楽天は2012年の5月にアメリカ発の写真系SNS「Pinterest」(ピンタレスト)に80億ほどの融資をしていますが2年たった今でも「Pinterest」自体は鳴かず飛ばず。(自分もたまに使っていますがいまいち日本人のユーザーさんはいない感じがします。)

こういった点もあるので、楽天自体はどういった狙いでこちらのサービスを使うのか、非常に興味があります。

こちらに関してはそのうちどこかで三木谷さんのインタービューが掲載されるのでしょうからそれを見るとして、自分なりの考えに関してはこんな感じになります。

ま、なんにせよ色々な新しいサービスに触れるのは楽しいし、日本からももっと世界的なサービスが出てくることを願ってます。(願わくば自分もそれに関わりたい)

てな感じで。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsuya Yabe

常に何かを考えていないとバカになると思う、だから常に何かを考えてる。 日々の生活に常に思考を。ということで書いています。

-WEBサービス
-, , , ,

Copyright© ガジェニュー , 2019 All Rights Reserved.