iPhoneのケーブルを持ち運びしやすいようにくるくるケーブルにしてみた。DIY Coiled iPhone Cable

投稿日:2014-04-18 更新日:

みなさんはiPhoneの充電には、純正ケーブルを使っていますか?

私は使っています。充電器は常時別途の横にセットしてあったり、たまに持ち運んだりと大活躍なんですがちょっとかさばるしまとまりが悪いんですよね。

そんななかiPhoneのケーブルをまとまりよくする方法を見かけたので実践してみました(^_-)-☆

iPhoneのケーブルを持ち運びしやすくする方法

実際に自分たちでやってみました。こんな感じで螺旋状のケーブルになります。
ss2014-04-17-20-44-08
実際どんな風に作ったのかは詳しくは動画を見てください。

iPhoneのケーブルがくるくるになるまで

今回は、お友達と楽しくやってみました。

iPhoneのケーブルをくるくるするやり方

用意するものは下記のものだけです。

  • ボールペン
  • iPhoneケーブル
  • テープ
  • ドライヤー

これさえあればOKです♪

手順としてはこんな感じ

  1. ボールペンにしっかりとケーブルを巻き付けていきます。
  2. 巻きつけたケーブルをテープなどでしっかりと固定します。
  3. ケーブルをドライヤーでしっかりと温めます。2~3分しっかりと温めるとGOODな感じでした。
  4. 加熱後は1分ぐらい冷風を当てて覚ましましょう。しっかりと形がついてくれます。

ととっても簡単でしょ?動画では最初はグダグダでしたが最終的には満足できる出来になったんじゃないかなと。実際使う際もある程度コンパクトに収まるし、色々なシーンでの活躍が期待できますね。

iPhoneのケーブルに関しては、OSのアップデートで純正や、MFI認証を得てないケーブルだと急に使えなくなったりするのが嫌なんですよねぇ(´・ω・`)しかも高いんだなこれが。ということで、基本的には純正ケーブルを使ってますが、くるくるケーブルにすることによって非常に使い勝手が良くなりましたな。

実際に動画でやり方さえしっかりチェックできれば、結構簡単にできちゃうと思うのでみなさんもお試しあれ。
あ、ただ動作の保証とはいたしかねますので完全な自己責任でお願いしますよー

てな感じで。

☆おまけ☆
amazonで売っているMFI認証のケーブルが安すぎる。。これなら他の中国製のまがい物なんて買う必要なかったりするね。

参考:
DIY Coiled iPhone Cable

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsuya Yabe

常に何かを考えていないとバカになると思う、だから常に何かを考えてる。 日々の生活に常に思考を。ということで書いています。

-iPhone
-, , ,

Copyright© ガジェニュー , 2019 All Rights Reserved.