ガジェニュー

~iPhone/iPad・レビュー・比較・レザークラフト・ネットフリックスとか~

10年かけてスマホが作れる!週刊スマホ創刊!【au エイプリルフール】

      2019/04/17    後で読む

本日は、4月1日ということで、各所でエイプリルフールネタが多くなっていますね(/・ω・)/
そんな中でも、個人的に気になったものをご紹介します。

SPONSORED LINKS

今回は、au-×-デアゴスティーニのコラボで発表されました!
10年間かけてスマホを組み立てよう! au × デアゴスティーニ 「週刊スマホを作る」創刊! |au

10年かけてスマホを作る!週刊スマホ創刊

なんと全520巻の圧倒的なボリューム!週刊なので完成までは10年超(1年48巻×10年でも480件)
創刊号はホームボタンがついて 780円(それ以降は1980円)

つまり780円+1,980円×519巻 = 1,028,400円でスマホが作れてしまうんです

気になるスペックは??

img-point
公式ページによると、、、

バッテリー 連続待受時間 最大40分!
メール      メール最大139文字まで受信可能!
カメラ      32万画素のCMOSカメラ搭載!
着信メロディ 着信メロディの和音数 16和音!

となっております。

逆に10年ぐらい前の携帯やないか(・o・)
というツッコミをいちを入れておきますか。

週刊スマホを作るのCMも

なんともちろんCMも用意してありますよ!

完全に未来を感じますね。もう未来過ぎて過去に戻ってしまうぐらい☆
ちなみに、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」という映画があるじゃないですか、
「すまぽん」は小さな頃、過去にデロリアンって車で飛んで行くので、なんとなく過去に戻れ!的なタイトルだと思っていました。

ま、英語をしっかりやりだして”フューチャーって未来じゃね”ってことになってあーなるほどと思った記憶があります。過去に飛んで行って、戻れなくなって”あぁ大変、未来に戻らなくちゃ(汗)”ってことか、なるほどねーー。って。

あ、ちなみに次回号はネジ3本がついてくるそうです。

もちろんエイプリルフールなので嘘です。

いやー今年も各社色々なことをしていますね☆ミ

ちょっと真面目な話をすると、

10年後のスマホって想像できますか?

私はできません。
10年前というと、大体高校生ぐらいだったかなと思います。

中学生の時にカメラ付きの携帯電話が初めて世の中に出るぐらいだった記憶があるので
そのころは、それに毛が生えたぐらいだったはずです。
つまり、スマホなんてものは存在しなかった。ってことです。

2007年6月にiPhoneが登場してスマホってものが世の中に浸透し出しました。
なんとまだ、10年経ってません。
そこから、ここまでのスマホの進化だって、めまぐるしいものがあるのに10年後がどうなっているかなんて自分は預言者ではないのでわかりません。

ただ1つ言えることは、

私達が想像もできないほど素晴らしい物が生まれているかもしれないし、スマホなんて滅んでるかもしれない。

ってことだけかな。

てな感じで。
参照
http://www.au.kddi.com/pr/sumahowotsukuru/

 - その他 , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした

Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です