ガジェニュー

~iPhone/iPad・レビュー・比較・レザークラフト・ネットフリックスとか~

Gsuite でGoogleグループを利用してメーリングリストを作成したさいにした細かな設定

      2019/03/22    後で読む

会社のメーリングリストをGsuite(旧GoogleApps)とGoogleグループをの利用して作成したので設定とかをメモがてら残してみます。

会社ではメーリングリストの要件として下記が求められていました。

  • メーリングリストだけで完結するようにメーリスに送られたメールへの返信はメーリスに
  • メーリングリストへ送られたメールの頭にプレフィックスがつくこと

上記の2点を満たしていればOKということでしたので設定周りはこの辺りが中心です。

G suiteでメーリングリストの作成と運用をする方法

まず、Googleのサービス内でメーリングリストを作成するためにはGoogleグループが必要です。組織内にグループを作成し、そちらのグループのメールアドレスをメーリスとして活用することにより、そのグループメンバーにメールの配信が可能となります。

具体的にやったことをステップごとに見ていきます。

1.GsuiteでGoogleグループを有効にする

まず、一番最初につまづいたのは会社のGsuiteの設定だとGoogleグループが利用できないようになっていてその解除方法がわからないという事でした。

どうやらビジネス向けのGoogleグループはデフォルトではオフ?よくわかりません。

こちらの解消方法はGoogleがヘルプを用意していましたので下記よりかくにんできます。

ビジネス向け Google グループの有効 / 無効を設定する
https://support.google.com/a/answer/167096?hl=ja

簡単に流れを書いてみると下記のような感じです。

  1. Googleの管理コンソールに管理者ログイン
  2. グループを選択
  3. サービスを編集
  4. 組織を選択してオン/オフの選択

手順自体は簡単でしたが、このヘルプにたどり着くのに少し時間がかかりました。

これでメーリングリスト作成の下準備は完了です。

2.メーリングリストのReply to(リプライトゥ)設定

続いて具体的になメーリングリストの設定に入っていきます。

こちらは、実際に作成したいメーリングリスト用のグループを作成してからの設定となります。

グループの作成方法は難しくないので割愛します。

さて、リプライToってなに?ってかたがいると思うので簡単に例とともに説明します。

メーリングリスト mailing1@sample.comというメーリングリストにメールをAさんが送信する。
受信したBさんがメールの返信をする際に返信先をどこにするかの設定がリプライToの設定です。

はい。こんな感じです。

今回は、メーリングリストに返信される様に設定を依頼されたので下記の設定をします。

  1. 「グループ設定」→「設定(左メニュー)」
  2. 「メールオプション」の「返信を投稿」部分のデフォルト「送信先をユーザが決定する」を変更
  3. 「グループ全体」を選択します。

ざっくりと選択できる先を説明すると下記のような感じになるかと思います。

  • グループ全体 → メーリングリスト宛の返信
  • メッセージの投稿者のみ → メールの送信者
  • グループのオーナー・マネージャー → そのままの意味
  • 返信の送信先をユーザーが決定する→ そのままの意味
  • カスタムアドレスを使用した返信の送信先→指定のメールアドレスへの返信

このあたりも細かな設定が可能なのは嬉しいところです。

メーリングリストは情報共有や特定のプロジェクトのやり取りを記録するために利用されることが多いと思うので基本的にはグループ全体としておくのがベターかと思います。

3.Googleグループのメール件名にプレフィックスを付ける

こちらが最後の設定です。

プレフィックスに関してもわからない方がいると思いますので簡単に説明します。

メーリングリスト mailing1@sample.comというメーリングリストに件名が「会議のお知らせ」というメールをAさんが送信する。
受信したメールの件名が「【maillling1:0】会議のお知らせ」となる

こんな感じで、特定の文字などを件名の前につける機能をプレフィックスと言います。 通し番号などを付けることによって同じ件名のメールがなくなるので検索等が容易になります。

また、Gmailですとスレッドがきちっと別れてくれるので処理しやすいです。

手順としては下記の様になります。

  1. 該当のGoogleグループの「管理」を選択
  2. 左メニューの「メールオプション」を選択
  3. 件名のプレフィックスのボックスに設定したい文字を入力し保存

上の例ですと「【mailling1:%d】」と設定する感じです。

といった感じです。

上記設定をすることによってメーリスとしての運用できるようになりました。

さいごに

メーリングリストに当たるGoogleグループの設定が少しわかりにくい部分がありましたが、覚えてしまえば難しくはないですね。

基本的にG suiteを契約すればメールや、メーリングリストなどビジネスのコミュニケーションとして必要な機能が一通り揃っているのがありがたいですよね。

最近はメール以外でもChatWorkやSlackなどといったビジネスチャットがコミュニケーションの中心になっている企業もあると思います。ただ、チャットはあくまでも、フロー型のコミュニケーションに限定されるかなとも感じてます。

そのため、社内外のやり取りでの証拠残しなどはメールが優れていると思っていますので、まだまだ現役です。

今回はG suiteでメーリングリストを運用する際に、この辺りがまとまってなかったのでメモがてらまとめてみました。参考になれば。

てな感じで。

 - WEBサービス , ,

  関連記事

タダのフリマアプリではない!あげる・もらえる「Garage Sale」(ガレージセール)

最近、スマホアプリのみでフリマができるサービスが多くなってきていると思いませんか …

海外向けネットショップが無料で作成できる「ジュゲムカート」

では主に国内向けのネットショップを無料で開店する際に便利なサービスを紹介していま …

SBI銀行が改悪or改善!?「スマートプログラム(仮称)」でATM手数料等が変更に

SBI証券+ハイブリッド預金の組み合わせで普段からお世話になっている「SBI銀行 …

共通ポイントカードは楽天ポイントを最強だと思う

今までは色々な業種問わず利用できるいわゆる共通ポイントといえば「Tポイント」「P …

楽天ROOMでは稼げないと思うよ。

今回は前に楽天ROOMで本当に自分だけのお店を持てるのか?それは疑問だ。で紹介し …

オキュラスリフト(Oculus Rift)を体験して感じたこと

この3連休に渋谷に行った際に「明治エッセルスーパーカップ」のイベントがやっていた …

ブランド子供服のWEBフリマ「CarryOn(キャリーオン)」

最近はTVで「メルカリ」(ios/Android)というフリマアプリのCMが頻繁 …

無料でネットショップが作成・開業できるサービス比較・まとめ

このブログでも度々書いていますが、本当に個人がビジネスを始めるための敷居が下がっ …

無料アンケートツール「Questant」ならアンケートの集計と解析も簡単

さて、今回も先日に引き続き無料で使えるアンケート作成ツールの Questant( …

アマゾンの2段階認証の設定方法

ずいぶん前 …

Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です