かけ放題がある格安スマホの比較とまとめ

投稿日:2016-06-02 更新日:

kakuyasusumaho-kakehoudai-1.jpeg 格安スマホの弱点としては高い通話代金があり、そのためある程度通話をする層の人たちにとっては格安スマホは良い選択肢とはいえませんでした。

ただ、最近「格安スマホ」を展開するMVNO事業者ではそういった「通話をよく使う人」たちの取り込みを狙って電話のかけ放題オプション」を用意する格安スマホ事業者も増えてきました。

自分自身は今1年半ぐらい格安スマホをメインで利用していますが基本電話をしない人なので通信速度以外はほとんどキャリアの時と変わらなかったですが、こういった「かけ放題」が一般化してくると更に壁が低くなりそうですね。

「俺、来月になったらソフトバンクを解約して、格安スマホにしようと思うんだ」今回は最初の1文のとおり「格安スマホ」について簡単に考えてみる。ガラケーからスマホへ携

ということで今回は簡単に「通話かけ放題」がある「格安スマホ」をまとめて比較していきたいと思います。

通話かけ放題がある格安スマホの比較まとめ

かけ放題プランに関しては、オプションという形で用意されているため別途通話プランの料金が掛かります。

今回の比較・まとめでは一般的な通信容量3GBの料金を参考として書いておきますのでより詳しく知りたい方は公式サイトから確認しましょう。

電話回線利用のかけ放題の格安スマホ

通常の電話回線か、より安い電話回線をつかうプレフィックスサービスを利用した「かけ放題」のオプションがある格安スマホです。

通話の際に専用のアプリからの発信のみを「かけ放題」の対象とするところが多いので注意が必要です。

また、時間制限があるかけ放題が中心でいわゆる完全な「かけ放題」は1社のみとなっています。時間制限を超過した場合は規定の通話料金が掛かります。

楽天モバイル

おなじみ楽天が運営するNTTドコモ系の格安スマホです。最近ではどんどんシェアを広げ格安スマホ業界の中で3本の指に入るシェアを持ちます。

▼5分かけ放題オプション
850円/月

▼専用アプリ
あり

▼備考
・「楽天でんわ」のアプリからの発信のみが対象。
・5分以降は10円/30秒の通話料金がかかる

利用料金例

音声通話3.1GBプラン 1,600円/月
+
5分かけ放題オプション 850円/月

=月額料金 2,450円

▼楽天モバイル公式サイト
http://mobile.rakuten.co.jp/

もしもシークス

エックスモバイルが運営するNTTドコモ系の格安スマホです。キャリアに近いプラン設定が特徴的です。

▼かけたい放題オプション
ライト  850円/月 (5分までのかけ放題)
フル 1,800円/月 (無制限のかけ放題)

▼専用アプリ
あり

▼備考
・「かけたい放題」アプリからの発信のみ有効です。
・アプリを利用しなかったり、規定の時間を超過するとは19.9円/30秒の通話料金がかかります

利用料金例1

音声通話基本料  980円/月※1

データ3GBプラン  1,200円/月

かけたい放題ライト  850円/月

=月額料金 3,030円

利用料金例2

音声通話基本料  980円/月※1

データ3GBプラン  1,200円/月

かけたい放題フル 1,800円/月

=月額料金 3,980円

※1 500MBのデータ容量付きです。

▼もしもシークス公式サイト
http://www.mosimosi.co.jp/

DTI SIM

DTIが運営するNTTドコモ系の格安スマホです。とにかく安いのが特徴です。

▼5分かけ放題オプション
780円/月

▼専用アプリ
なし

▼備考
・通常の電話の発信でOK。
・規定の時間を超過するとは20円/30秒の通話料金がかかる

利用料金例

音声通話3GBプラン 1,490円/月

5分かけ放題オプション  780円/月

=月額料金 2,270円

▼DTI SIM公式サイト
http://dream.jp/mb/sim/

DTI SIMプラン

Freetel(フリーテル)

Freetelが運営するNTTドコモ系の格安スマホです。使った分だけ払う料金プランが特徴です。

▼かけ放題オプション
1分かけ放題 399円/月
5分かけ放題 840円/月

▼専用アプリ
あり

▼備考
・「FREETEL 電話」のアプリからの発信のみが対象。
・規定の時間を超過するとは10円/30秒の通話料金がかかる

 

利用料金例

音声通話プラン 1,600円(〜3GB利用時)/月

5分かけ放題オプション 840円/月

=月額料金 2,440円

▼Freetel公式サイト
https://www.freetel.jp/

IP電話のかけ放題の格安スマホ

通常の電話回線でなく、インターネット回線を利用した「IP電話」でかける通話がかけ放題のオプションがある格安スマホ事業者です。

電話回線を使った電話より通話品質が劣りますが、価格は安いです。IP電話では発信者の番号通知が不可の場合があったり、3桁の緊急電話(110等)に掛けられない等のデメリットもあります。

NifMo

ニフティが運営するNTTドコモ系の格安スマホです。唯一のIP電話を利用したかけ放題を提供しています。

▼かけ放題オプション
国内通話かけ放題 1,300円/月
海外通話かけ放題 2,700円/月

▼専用アプリ
あり

▼備考
・「NifMo でんわ専用アプリ」からの発信のみ有効です。

利用料金例

音声通話3GBプラン   1,600円/月

国内通話かけ放題オプション 1,300円/月

月額料金 2,900円

▼NifMo公式サイト
http://nifmo.nifty.com/

音声SIM(1.1GB)

比較・まとめ

まず大きく分けて「通常の電話」と「IP電話」のかけ放題の2つに別れる点を確認したい。

IP電話だと回線の通信環境によっては音声の遅延などが起こることがあるのでストレスなく使うのなら「通常の電話」を利用した格安スマホを選ぶ方が良いと思う。

つづいて、確認すべきは「かけ放題」の対象となる時間だ。比較してみるとわかるが多くが5分以内の通話を対象としている。

ただ、Freetelであれば1分以内のオプションが、もしもシークスであれば無制限のオプションがもあるのでこの辺りは自分がどの程度通話を利用するかを考えて選ぶべきです。

もし、「5分かけ放題」で、データ容量が3Gのプランででの料金の比較をした場合は安い順に並べると

DTI SIM     2,270円
Freetel     2,440円
楽天モバイル   2,450円
もしもシークス  3,080円

最安値はDTI シムとなるが超過分の料金が楽天モバイルなどと比べると高い。

通話はあくまでもオプションなので、上記のデータプラン・サービスの内容を吟味したうえで好きなのを選ぶのが良いでしょう。

結局最後は自分自身がどの程度通話をするかをよく考えてそれに合わせて選ぶのが最善なのでしっかりと、自分の利用仕方を振り返ってみましょう。

格安スマホについてもっとよく知りたい方は、姉妹サイトの「ひよこ先生の格安スマホ教室」で勉強しましょう。

てな感じで。

Link
【楽天モバイル】DTI SIMもしもシークス
Freetel
NifMo(ニフモ)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsuya Yabe

常に何かを考えていないとバカになると思う、だから常に何かを考えてる。 日々の生活に常に思考を。ということで書いています。

-格安スマホ
-,

Copyright© ガジェニュー , 2019 All Rights Reserved.