Aukey 超小型2ポート2.4A 折りたたみ式USB充電器のレビュー

2016-01-06

なんだか最近「USBの電源周りの商品ばっかり買っていてそんなに買ってどうするの?」って言われたりしましたが。

たまたま必要になったタイミングがこの時期だっただけだからね。

ということで今回はUSB充電器レビューしてみたいと思います。購入にあたって自分の使い方で言うとおそらくベスト!の商品が見つかったので良かったです。

今回紹介するのはこちらです。

簡単に言うとコンセントに挿して充電する充電器です。購入時の価格は1,000円/1個でした。

Aukey (オーキー)のUSB充電器のレビュー

個人的にはかなり満足度の高いのです。

特徴を簡単に書くと、、、

特徴

  • 最大出力が2.4Aで2ポート
  • とにかく小さくてかさばらない!

となっています。

自分が外出時に持ち運ぶ可能性がある端末は「iPad」・「Xperia Z ultla」・「iPhone」・「Android端末」の4つなのでいつもはiPad用の2AのUSB充電器を持って行っていました。タブレットの充電は問題ない出力なのですが、端末が4つもあるとポートが1つでは大変です。

ということで、これ1つあればタブレット充電もOKかつ、スマホなら2台同時充電も余裕なのでめちゃくちゃ便利です。

そして、凄いのはこの後写真も載せていきますが、とにかくコンパクトってことです。

外観・サイズ感

一番上に載せた写真がパッケージですが、かなり小さいです。

箱を開けると更に小さいきがします。

箱から出すとこんな感じです。

コンセントの差し込み部分が折りたためる構造になっています。そのためよりコンパクトな作りです。

コンセントの差し込み部分を広げるとこんな感じです。

完全に正方形でなく差し込み部分を動かしやすいような形になっています。また、PSEマークなどもしっかりと取得しているようなので安心ですね。

サイズ感がわかりにくいと思いますので手持ちの他のUSB充電器と比べてみたいと思います。

大きさに関しては、iPhone純正の1Aの充電器とくらべてもコンパクトですし、同じ出力のiPad用のUSB充電器と比べるとどれだけ小さいかがわかると思います。

差込口の部分を見てみてもポートが2つあるのにもかかわらず、iPhone用のUSB充電器とくらべてもそこまでの大きさは感じません。

ポートの横には白いLEDが付いていて通電の状態が確認できます。

こちらに関しては寝室で使う場合などははいらないなぁと思うかもしれませんが、そこまでの明るさはないので大丈夫かと思います。

出力・充電性能

利用する機器に合わせて自動的に流す電力を調整してくれる機能もあるので安心して使えます。

iPadを純正のライトニングケーブルで充電した時の出力を測ってみました。

計測値で5V × 2.28A =11.6W程としっかりと 充電できていますね。これならiPadも余裕で充電できます。

改善して欲しい点

自分にとってほとんど完璧なUSB充電器なのですが、1つだけ直してもらいたいところがあります。

こちらの写真を診てもらうとわかると思うのですが、折りたたんだコンセントの差し込み口を引き出し安くするための凹みのせいでコンセントに差し込んだ際の安定性が少し悪くなってしまう点です。

まぁすぐ抜けるとかではないので問題なのですが、テコの原理でこんな感じになることもあります。次のモデルではこの辺りが修正されていると嬉しいです。

さいごに

持ち歩き用のUSB電源アダプターとしてはほぼベストの選択肢なのかなと個人的には思っています。ただし、タブレット系などの必要電力が高いモノを2台以上同時に持ち運ぶ人には向きませんのでその人の使い方次第といったところ。

ちなみにこいつと

このあたりのケーブルを2本持っていけば荷物も少なくかさばらないのでいいと思うんだよね。

まぁ気になる人は商品ページを覗いてみてください。

てな感じで。

おまけ
アマゾンさんもう少し小さい箱を用意してくれてもいいんだよ。なんか罪悪感があるんだよね、この感じだと。

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsuya Yabe

常に何かを考えていないとバカになると思う、だから常に何かを考えてる。 日々の生活に常に思考を。ということで書いています。

-レビュー
-, , ,

Copyright© ガジェニュー , 2020 All Rights Reserved.