iPhone SEはAppleCare+(アップルケアプラス)に入るべき?

投稿日:2016-03-23 更新日:

iphonese-applecare-1.jpg

iPhone SEがとうとう発表になりましたね。

デザインはiPhone5系と変わらず中身が大きくアップデートされた形です。

小さなサイズのiPhoneを待ってた人には良い機種なのではないでしょうか。

さて、新しくiPhoneを購入する時に考えないくてはいけないのはAppleの製品保証サービス「AppleCare+(アップルケアプラス)」に加入するか、それともしないのかですね。

試算とともに見ていきたいと思います。

9月7日にiPhone7が発表されましたね。そこで気になるのがAppleCare+に保険として入るかべきか、それとも必要ないのかですね。AppleCare+加入時の液晶画

iPhone SEの保証(アップルケア)に入ったほうがいいの?

まずは「アップルケア」に入る・入らないを決めるに必要な「アップルケア」について簡単におさらいしていきましょう。

AppleCare+について

アップルケアはアップル製品の購入者に向けて販売される、延長保証+付随サービスのサポートパックのようなものです。

AppleCare+ for iPhone
すべてのiPhoneには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついています。AppleCare+ for iPhoneに加入すると、保証とサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます。さらに、操作上の不慮の事故に対する修理などのサービスを、1回につき7,800円 (税込) のサービス料で最大2回まで受けることができます。

Appleサポートより(これ以降もこちらよりお借りします)

上記が公式サイトからの引用です。

iPhone SEアップルケア+の加入料金は既に発表されており12,800円(税別)となっています。加入は本体の購入後30日以内に限定されています。

ハードウェアの保証について

・iPhone本体
・バッテリー(1)
・付属のイヤフォンとアクセサリ
・操作上の不慮の事故に対する修理などのサービス(最大2回まで、1回につき7,800円 (税込) のサービス料がかかります)

iPhoneには元々1年間の補償が付いていますが、アップルケアに加入することによって製品の補償期間を2年間に伸ばすことが可能です。

また、修理の際のかかる費用を通常よりも安い割引料金で受けることが可能になります。

カスタマーサポートについて

ワンストップでのテクニカルサポート
・Appleの専任スペシャリストへのダイレクトアクセス
・ピックアップ&デリバリー修理:Apple指定の宅配業者がiPhoneを引き取りにうかがいます。
・持ち込み修理:お近くのApple StoreまたはApple正規サービスプロバイダにiPhoneをお持ちください。
・エクスプレス交換サービス
・iOSとiCloudの基本操作
・FaceTime、メール、カレンダーなどのApple純正iPhoneアプリケーションに関する質問
・ワイヤレスネットワークへの接続

元々の90日間の電話サポートが2年間に延長されます。

ちなみに、電話サポートに関しては保証期間外ですと1回あたり2,800円(税別)かかります。

また修理の際に利用できるエクスプレス交換サービスを無料で利用できます。(通常3,400円)

このようにアップルケアに加入すると、端末やサポート面での手厚ケアが受けられます。

iPhone SEの修理代金一覧

アップルケア自体には修理代金の割引などが含まれるため、iPhoneに対する保険の役割を担います。

その上で、重要になる修理の代金を確認していきます。

保証あり修理費用(税込)液晶画面(税抜)バッテリー(税抜)その他(税抜)
iPhone6s11,80014,8009,40038,800
iPhone6s Plus11,80016,8009,40033,800
iPhone67,80012,8009,40033,800
iPhone6 Plus7,80014,8009,40038,800
iPhone5s/5c/SE7,80014,8009,40031,800

iPhone SEについてはiPhone5とほぼ変わらない機能で、iPhone5sの後継になるようですのでこのような形になると思います。

※アップルケアの金額は公開されていますが、修理金額はiPhone SEの数値が公式公開されていないためiPhone5系と同じとして試算していきます。

iPhone SEでアップルケアに加入するかどうか判断する上で覚えておきたいのは下記のポイントです。

Appleケアで覚えておきたいこと

・修理対応は2回まで
・1回あたり7,800円(税込)がかかる
・保証期間は2年間

それでは、パターンを出して試算してみましょう。

その他の修理(全損)で1回修理した場合

保証あり

Appleケア 12,800円 × 1.08 + 修理費用 7800円 × 2 = 21,624円

補償なし

修理費用 (その他) 31,800円   × 1.08 = 34,334円

液晶画面の破損だけですまない場合の修理(交換ですね。)はかなり高価なため2年間で1度でもその他の修理に当たる修理をした場合にはアップルケアに入ったほうが1万円以上お得ということになります。

続いて2回液晶画面を割った場合です。ほとんどの場合はこれになると思います。

液晶画面の修理を2回した場合

保証あり

Appleケア 12,800円×1.08 + 修理費用 7800円×2回 = 29,424円

保証なし

修理費用 (その他) 14,800円 × 2回 × 1.08 = 31,968円

液晶画面の修理を2回するとアップルケアに加入しておいたほうが2,000円程安く済みます。1回だと高くつきます。

ただ、全損時のパターンとは違い大きな金額の差がでるわけではないので大きなアドバンテージにはならないのではと思います。

アップルケアに入ったほうがいいのはこんな人

・2年間で、1回以上全損させる予定がある人
・2年間でiPhone SEの液晶画面を2回以上割る人
・2年間で電話サポートを5回以上使う予定がある人

といった感じです。

上記のパターンに当てはまる場合は金額的に得をします。

ただ、サポート面も充実するのでその辺りも考えて加入が必要かどうかを判断しましょう。

個人的には修理だけを考えると「入る価値はあまりないかなぁー」という印象です。

自分はiPhone歴5~6年ぐらいなのですが今まで1度も割ったことは有りません

iPhone SEはiPhone5系のアクセサリがそのまま使えそうなので、しっかりとケースを付けてガラスフィルムを貼っておけばよほどひどい落とし方しないかぎりは割れないとは思います。

まぁ、個人的にはこう思うよってことですのであとは好きにしたらいいと思います。入るも自由・入らないも自由。

てな感じで。

今回はiPhone7/7Plusや、iPhone6s/6sPlus、iPhoneSEなどで、どのように液晶保護フィルムを選ぶのがいのか。という視点で、現行販売しているフィルム・シ
前にiPhone6/6s Plusの保護フィルムのオススメの選び方ガイドでどうやって液晶保護フィルムを選ぶと良いのかという視点でエントリーを書きましたが、今回はケース編です。

★おまけ
非正規の修理店場合の金額をおまけで置いておきます。値段に関してはアップル・ストア修理より少しだけ金額が安い感じですので、そっちを利用する手もありですがね。(今のところiPhoneSEのラインナップはないけどすぐ出てくると思います。)

iPhone修理のグッドモバイル
iPhone6 ガラス交換 10,800円〜
iPhone6 Plus ガラス交換 13,800円〜

【iPhone修理あいさぽ】
iPhone6 ガラス交換 11,800円
iPhone6 Plus ガラス交換 15,800円

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Tatsuya Yabe

常に何かを考えていないとバカになると思う、だから常に何かを考えてる。 日々の生活に常に思考を。ということで書いています。

-iPhone
-, ,

Copyright© ガジェニュー , 2019 All Rights Reserved.